にきび跡を残さないためにできること

subpage1

にきびが治ったと思ったのに跡が残ってしまうことがあります。

にきびの喜びの声を頂いています。

体質、もしくは間違って潰してしまったなど原因はいくつか考えられます。


ただ、一旦にきび跡となると治すのがかなり困難になることから、跡として残さないような正しいケアをするべきです。にきびは皮膚病の一つです。

Yahoo!知恵袋のお役立ちコンテンツ満載です。

病気であるのでできてしまって気になっても、指で潰すなどの自己流のケアはしないことです。
特に炎症を起こしたり膿を持っている状態には注意が必要です。

この場合、炎症が皮膚の奥深くまで及んでいる可能性があるので、間違って触って潰してしまっては大きな傷痕を残すことになりかねません。
炎症を持っている場合、できれば皮膚科を受診して適切な治療を受けましょう。

また、注意したいのが治りかけの状態でのケア方法です。



肌がデリケートになっているのでちょっとした刺激に過敏に反応してメラニンが大発生することがあります。メラニンはシミの原因となり、にきび跡を残すことにもつながりかねません。
紫外線やマッサージなどによる摩擦には注意しましょう。

色々気を付けたのに跡が残ってしまうこともあるでしょう。

茶色い色素沈着の場合はいわゆるシミと同じような治療法、クレーターの場合は皮膚の再生能力を使った治療法など、適切な治療によってある程度は改善する可能性もあるといわれています。

跡を残さないのが一番ですが、意図せずして残ってしまった場合でも、治る可能性もあることは覚えておいていいでしょう。

1から学ぶ美容

subpage2

10代、20代前半に肌トラブルが何もなかった方でも、20代後半から吹き出物が同じところに繰り返し出来るようになる方がいます。それは大人にきびです。...

next

美容について情報

subpage3

にきびができてしまい、悪化してしまうとにきび跡として、肌にくぼみができてしまうこともあります。また色素沈着などにより肌が汚くみえてしまうため、できるだけにきび跡を残さないようにするためには、にきび予防をすることが大切です。...

next

ミニ常識

subpage4

生理前になるとなぜかいつもにきびに悩まされる女性は少なくないようです。これにはきちんとした原因があったのです。...

next

美容の情報まとめ

subpage5

にきびは悪化してしまうことで、にきび跡が残ることがあります。悪化の状態により、酷い場合には肌のくぼみなどができてしまったり、色素沈着などにより、周囲からも肌が荒れているようにみえたり、あまりきれいな肌のイメージをもたれません。...

next